歌ってストレス放出はとても喜ばしい健全法でも残る

休暇は大好きな歌を聴いたり、歌ったりして日ごろのストレスや疲弊を発散させている!
最初人間カラオケも初めて行った時は、すっごく緊張したのですが、今では会計なども楽々。
むしろ最初人間の方が気楽に歌える。
只今は、お金入れがさみしいので、家で音楽をかけながら最初人間歌っている。
自分が歌いたいら歌いたいだけ、歌いたい曲をすぐに歌えるのでオトクだし、自分の情緒もスカっとするのでお求めだ。
ここで注意しなければいけない事は、賃貸住みの方やご近くとのうちの近距離方だ。
ついつい感覚移入しすぎて、大きな声で歌ったり音楽をガンガンにかけてしまってはご近くバルクになるので、声量・容積には気を付けてください。
現に僕は「やってしまった!」と焦ってしまった経験があるのです。
情緒が入っていたり、興奮が上がってしまい、気が付いたら音色が大きくなってしまっていたことがありました。
至急容量を小さくして、反省・反省のハートを常に保ち続けている。
声量・容積に気を付けるのと、あと大切なことは歌ったあとの喉の修復だ。
大丈夫だろうと油断していると、明日には(手っ取り早い人間はその日のうちに)喉を痛めてしまう確率が高いです。
喉修復の方法は個人間で違うので、ここでは省きますが、水を飲んで喉を濡らすことも個人間的には、おすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です