良い人間だったけど、別れてしまった彼とのダイアリー

身が、29才のところ付き合っていた恋人の話だ。
身は、保育士をしていたのですが、なかなか異性が上手くいかずしばらく恋人はいませんでした。
29才という年もあり、馴染みと集まれば「結婚したいね」や「好きな人間がほしいね」と結論の出ない話で語り合っていました。
元々、あまり人間を好きにはならない好みなのですが、好きになってしまうとのめり込む好みでした。
嫁入りしたいという一心で、コンパに行ったり、顔合わせの土俵にも積極的に行っていました。
その恋人とは、田舎の婚活行事で突き当たりました。行事に参加したのは初めてで、出向く前からチームメイト人間と「いかなる感触なんだろうね」
とドキドキしながら参加しました。
よくTVで見分けるような、1対1で順番に話をして、以後世界で話して、フリー時刻というような感触でした。
最初の1対1の話をする段階で、ダディーの年カテゴリーのおっきいのに私たちの興奮は落ちてしまっていました。
里で嫁入りできない人間が多いようで、40お代や50お代の人間が半数以上で恋人と言うより、おとうさんと呼びたくなるような一見の方陣ばかりでした。
チームメイト人間と、「帰りたいね」と言って過ごしていました。恋人は、そのしている時にいた唯一、年がくらいて普通に話せた人間でその時にテレフォンを交換していました。
行事が終わってから、ラインの交流が訪れ、食事に行くことになりました。
2人間で出会うと異性に慣れてはいないけど、本当に潔癖で可愛い人間なんだろうなぁというのは感じていました。2回目のデートで「付き合ってほしい」と言われ、
すぐには、答えが出せず少し考えることにしました。生真面目、まだ恋人のことはよくわからなかったし好きにはなってなかったのですが
結婚する人間ってそういった人間の方がいいのかなぁと思い付き合うことになりました。
付き合ううちに好きになっていくかなぁと思っていたので。
付き合ってからも、恋人は手厚く本当に潔癖で可愛い人間なのですが、付き合って3か1ヶ月が経っても、私の気持ちはどうしても素晴らしい人間以上にはなりませんでした。
普通、このまま付き合ってたらダメだと見なし、身から別れを報じたのでした。
身は、こういう異性を通してやっぱり、身は自分が好きにならないとダメなんだなぁとつくづく感じてしまいました。
ラピエル|本当に効果あるの?良い口コミと悪い口コミを比較

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です