時代の流れと今までのコミックとの付き合い方

電子コミックがニュースでも最近取り上げられているのを見て、時代の流れだと感じました。CMではパグのワンちゃんがスマホを持って軽快に漫画を読んでいる姿が放映されており可愛らしさとインパクトがあります。たしかそのコミックサイトはめちゃコミックというサイトだったのを今でも覚えています。

実際、私も利用している一人です。しかし、単行本や雑誌系を買っていないわけでもありません。電子版なら空いた時間に気軽にさらった読めて、保存に対し場所をとらないのがメリットですよね。

けど、未だにコミック本を買っているのは、アニメ好きとしてのコレクター衝動や本を捲る際の紙の感覚が好きともいえます。電子版であればデーターとしての保存ですっきりですが、「そこにあるようでない」なんて感覚にもなります。気軽に読めることは大変重宝しますが、大好きな作品だけは本としての価値が「目で見て実際に触れることの嬉しさ」がそこにはある気がします。

それに単行本や雑誌系なんかでは、特典があったりしますので完全に電子化に移行することはないでしょう。失礼な言い方ですが、電子コミックは暇つぶしで、本は溺愛している趣味でしょうか。電子コミックでは、1話無料とか少しコミックの覗き見ができますが、単行本では見ることができません。(サンプルはたまにありますが)そこで、電子コミックを利用しつつ、新しい作品を探すのには最適です。どこにいても自分の時間が許す限り漫画と触れ合えることは素晴らしいことだと思います。

特にエッチ系のコミックは家に置いておくのは気が引けるのですが、自分のスマホでロックを掛けておけばパスワードを解除されない限りは保管しておけるというのが安心かつ安全かと思います。

今だけ巨乳

私の巨乳は今だけの期間限定。

何を隠そう私は生後半年になる赤ん坊のお母さんです。出産前は大きくも小さくもなく、特に自慢にもならないthe標準(以下?)の胸の持ち主でしたが、出産してからというもの、みかんがりんごに…りんごがオレンジに…オレンジが…という具合いに日に日に大きくなり、いつの間にかメロンが2つ!

産後すぐはあまり出ない母乳が、赤ちゃんに吸われることで徐々につくられる量が増え、母乳タンクであるおっぱいは膨れ上がっていったのでした。

はじめての出産・はじめての育児でわからないことだらけ、迷うこと・心配なことだらけ…を覚悟していましたが、まさかまさか自分のおっぱいの変化に戸惑うなんて思ってもみませんでした!笑
産後3ヶ月で増えていた体重も無事戻り、ジーパンも入るようになりましたが、巨乳になってしまい下着が服が入らない!ボディーラインがまるで変わってしまい、胸が強調されてしまう服は気恥ずかしくて選べなくなりました。ボーダーやぴったりのブラウスは一度着て着替え直しました。シマシマが歪んだり、ボタンがパツパツになったり、この私が!と驚きました。

しかし、ある時気付いたのです。母乳タンクとして大きくなっているわけだから、いつかは元に戻るのかな?この巨乳はいつまで続くのだろう?インターネットで調べてみると、母乳がでなくなったら縮む、以前より小さくなる人もいる、と書いているではありませんか。やっぱりそうなのー!?

この日を境に私は考えを改めました。巨乳の私を満喫する!どうせ今だけなのだから、かわいいTシャツを着て、ショルダーバッグをかけて、子育てママに奮闘しながらも、オシャレに見た目に気を遣っていきたいと思います。